コンジローマとガンの関係性とピルの注意点

尖圭コンジローマは性行為の経験がある人であれば誰でも感染する可能性がある性感染症です。

 

尖圭コンジローマは良性型のヒトパピローマウイルスが原因で発病しますが、このウィルスは粘膜を介して感染します。
症状は主に性器や肛門周辺にイボ状のぶつぶつが発現し、場合によっては口腔内にも症状が出ることがあります。

 

ヒトパピローマウイルスは良性型であれば尖圭コンジローマを発症しますが、悪性型には「がん」を誘発するものもあり注意が必要です。
女性の場合は子宮頸がんを発症するウィルスとしても知られており、一度耳にしたことがあるといった方も多いのではないでしょうか。

 

子宮頸がんは20〜30代の女性が発症するすべてのがんの中で最も多く、進行すると子宮を摘出や命に関わることもあります。
また、子宮頸がんはピルの長期服用でリスクがわずかながら増えるとも言われています。

 

ピルは避妊だけでなく、生理痛の軽減や肌荒れの改善などにも有効とされていますが、肝臓の良性腫瘍を引き起こす恐れや循環器系の病気リスクも増えるためピルを服用している方はデメリットも把握しておくことが大切です。

 

子宮頸がんの予防にはコンドームの使用やHPVワクチンの接種が有効とされ、がん発症のリスクを抑えるためにもしっかり予防しておくようにしましょう。

 

子宮頸がんは目立った初期症状がないため症状に気づきにくい病気とされていますが、ウィルスの感染の有無に関しては婦人科検診で見つけることができますので定期的に検診を受けることをおすすめします。